USE

使う、みちびき。

Home > USE > 実験結果報告
  • QZSS+GPS SkyPlot QZ-radar
  • 準天頂衛星システムユーザインタフェース IS-QZSS
  • 放送パターンテーブル(Message Pattern Table)
  • NAQU情報(NAQU Messages)
  • NAQU情報メール配信登録
  • アルマナック(Almanac)
  • エフェメリス(Ephemeris)
  • 最終暦(Final Products)
  • LEX
  • 精密軌道暦生成支援情報に関するお問い合わせ(Contact for information in generating precise ephemeris)
  • カスタムダウンロード(Custom Downloads)
  • アーカイブ(Archive)
  • API(Application Program Interface)
  • 実験スケジュール(experiment schedule)
  • 実験結果報告(experiment results)
  • QZSS信号品質レポート
  • FAQ

Experiment Results実験結果報告

SIS-URE信号精度(SIS-URE)

過去のみちびきの信号精度(SIS-URE)を評価した結果です。

信号精度(SIS-URE)

QZ-tec多地点・多利用形態技術実証

多地点・多利用形態技術実証とは、日本国内全域において、「みちびき」の高仰角からのGPS補完信号を様々な周辺環境(周辺環境(ビル街、山林内等)の違い、天空比の違い等)と利用形態等に応じて、可能な限り多数取得し、衛星測位における「みちびき」の有効性、特徴を測位可能時間率、測位精度、マルチパスや樹冠等による信号減衰等の観点から、その効果を定量的、統計的に評価、検証を行ったものです。

多地点・多利用形態技術実証

MICHIBIKI Artみちびきアート

みちびきアート

「みちびきアート」とは、「みちびき」対応の受信機を持って街を歩き、自分の歩いた軌跡を地図に重ねることで地上に“アート”を描いたものです。

JAXAが「みちびき」を使って実施している技術実証実験「多地点、多利用形態における準天頂衛星システムのGPS補完効果検証」の一環として、高校生によって実施されました。

みちびきアート

このページの先頭へ