USE

使う、みちびき。

Home > USE > エフェメリス
  • QZSS+GPS SkyPlot QZ-radar
  • 準天頂衛星システムユーザインタフェース IS-QZSS
  • 放送パターンテーブル(Message Pattern Table)
  • NAQU情報(NAQU Messages)
  • NAQU情報メール配信登録
  • アルマナック(Almanac)
  • エフェメリス(Ephemeris)
  • 最終暦(Final Products)
  • LEX
  • 精密軌道暦生成支援情報に関するお問い合わせ(Contact for information in generating precise ephemeris)
  • カスタムダウンロード(Custom Downloads)
  • アーカイブ(Archive)
  • API(Application Program Interface)
  • 実験スケジュール(experiment schedule)
  • 実験結果報告(experiment results)
  • QZSS信号品質レポート
  • FAQ

Ephemerisエフェメリス

Outline概要

エフェメリスデータは測位衛星が放送する自衛星の正確な軌道です。

受信機はこのエフェメリスデータから信号を送信した衛星の正確な位置を特定します。

Definition仕様

ファイルフォーマットの詳細は"RINEX2.12QZSS拡張版"の仕様書を参照のこと。(*追記:2011/06/29)

ここでは、エフェメリスファイルに記述されるパラメータの簡単な説明を記述します。

M0

Mean Anomaly at Reference Time

平均近点角。近地点と、衛星が同じ焦点および周回周期により円軌道を一定速度で周回した場合に到達する点との間の角度。

-180度~180度の値を取る。180を超えた場合は、360を引いた値となる。

近地点を過ぎ、遠地点に衛星が向かう間、Mean Anomaly は正の値となり、遠地点を超えると負の値となる。

Δn

Mean motion difference from computed value

平均近点角計算のために用いる周回速度を補正するための差

e

Eccentricity

離心率。衛星が円形軌道からどれだけかけ離れているかを示す指標。楕円軌道の2つの焦点間距離を semi-major axis で割った値。

QZSSの場合、GPSよりも楕円の軌道になるので、eccentricity が大きい値となる。

√A

Square Root of Semi-Major Axis

楕円軌道の長半径のルート。

Ω0

Longitude of Ascending Node of Orbit Plane at Weekly Epoch

TOAでの昇交点赤経の値。

昇交点赤経は、地球赤道面内における、春分点(赤道面と地球の公転面の交点)を指す基準方向と、衛星の起動が赤道面を北方向に横切る点である昇交点との間でつくられる角度。

i0

Inclination Angle at Reference Time

基準となる時刻における、衛星軌道面と赤道面とがなす角。軌道傾斜角。(*追記:2011/06/29)

ω

Argument of Perigee

近地点引数。軌道面内における昇交点と近地点との間の角度。

軌道面内における楕円の向きを指定する値。

近地点引数は、衛星の移動する方向に定義する。

Ωdot

Rate of Right Ascension

昇交点赤経の時間変化率。

昇交点赤経に関しては、Right Ascension at Time of Almanac を参照のこと。

IDOT

Rate of inclination angle

傾斜角の変化率

Cuc

Amplitude of the Cosine Harmonic Correction Term to the Argument of Latitude

緯度引数に対するコサイン調和補正項の大きさ

Cus

Amplitude of the Sine Harmonic Correction Term to the Argument of Latitude

緯度引数に対するサイン調和補正項の大きさ

Crc

Amplitude of the Cosine Harmonic Correction Term to the Orbit Radius

軌道半径に対するコサイン調和補正項の大きさ

Crs

Amplitude of the Sine Harmonic Correction Term to the Orbit Radius

軌道半径に対するサイン調和補正項の大きさ

Cic

Amplitude of the Cosine Harmonic Correction Term to the Angle of Inclination

軌道傾斜角に対するコサイン調和補正項の大きさ

Cis

Amplitude of the Sine Harmonic Correction Term to the Angle of Inclination

軌道傾斜角に対するサイン調和補正項の大きさ

IODE

Ephemeris Issue of Data. Used to uniquely identify the current set of navigation data.

エフェメリス発行番号。現在の航法メッセージの通し番号を示す。

時間に関する補正項

この他、エフェメリスファイルには時間に関する補正項も含まれています。

Toe

Reference time of Ephemeris

エフェメリスの基準となる時刻

SV clock bias

衛星の時計のバイアス値(秒)

SV clock drift

衛星の時計のバイアス値の時間変化率。

秒/秒。

SV clock drift rate

SV clock driftの時間変化率

Latest Ephemeris最新のエフェメリス

File Type File Created Time(UT) Size(byte) File Name Preview
File Type File Created Time(UT) Size(byte) File Name Preview
さらに高度なダウンロードも可能です。カスタムダウンロード開始従来の形式でもダウンロード可能です。Archive
このページの先頭へ