READ

知る、みちびき。

Home > READ > Vol.02 > なびたん:「宇宙への行き方」の巻
QZ-vision公式 Webマガジン READ
  • Vol.01 Quasi-Zenith Satellite System
  • Vol.02 Launch&Transfer
  • Vol.03 QZSS&GPS
  • Vol.04 Hardware
  • Vol.05 History
  • Vol.06 Future
  • Vol.07 Data&Message
  • Vol.08 The Right Stuff
  • QZクラフト/Paper Craft
  • ニュース/News
  • アドバンス・インタビュー/Advanced Interview
  • みちびきアート
  • FAQ

総天然色脱力系宇宙漫画「宇宙への行き方」の巻

Introductionあらすじ

今回は、なびたんが宇宙への行き方をレクチャーしてくれるそうですが。。。

序
破
急

Informationロケットによる打上げ

なびたんにはちょっと狭かったようですが、ロケットの先端にある衛星の収納場所、「フェアリング」は高さ6mもある「みちびき」をすっかり収納してしまえるぐらい大きいものです。それに、第1段エンジンと第2段エンジンを合わせたロケットの全長は、なんと50m以上!

リフトオフからわずか4分10秒後にはフェアリングは「ぱかっ」と開きます。その後も第1段エンジン、第2段エンジンの燃焼を続け、「みちびき」はリフトオフから約30分後にロケットから分離します。

こうしてロケットによって無事宇宙に運ばれた「みちびき」は、自分自身のエンジンを使って8の字の「準天頂軌道」に乗るのですが、詳しくはQZナビ(いざ、宇宙へ)を読んでみてください

このページの先頭へ