READ

知る、みちびき。

Home > READ > みちびきアート > インタビュー:みちびきアートに参加して(愛媛県済美学園 済美高等学校)
QZ-vision公式 Webマガジン READ
  • Vol.01 Quasi-Zenith Satellite System
  • Vol.02 Launch&Transfer
  • Vol.03 QZSS&GPS
  • Vol.04 Hardware
  • Vol.05 History
  • Vol.06 Future
  • Vol.07 Data&Message
  • Vol.08 The Right Stuff
  • QZクラフト/Paper Craft
  • ニュース/News
  • アドバンス・インタビュー/Advanced Interview
  • みちびきアート
  • FAQ

MICHIBIKI Artみちびきアート

Outline概要

みちびきアート」とは、「みちびき」対応のGPS受信機を持って街を歩き、自分の歩いた軌跡を地図に重ねることで地図上に“アート”を描くものです。

この企画は、2011年秋にJAXA宇宙教育センターのウェブサイトを通じて参加の募集を行い、「みちびき」が昼間天頂付近にいる冬季の2カ月間実施しました。高校生を中心とする全国から20校/団体が「みちびきアート」に参加しました。

このページでは、「みちびきアート」を日本地図上に集結させたポスター“「みちびきアート」で彩りの日本!”や、参加校のインタビュー、「みちびきアート」以外の実施プログラムについて紹介します。

GPS受信機を持って「みちびき」の文字を描くように歩いた軌跡。 みちびき&GPS受信機をGPS受信機と一緒に持って歩き、違いを比較した。
(東京工業大学附属科学技術高等学校 科学部実施)

「みちびき」高校生プログラム

このプログラムは、“「みちびき」高校生プログラム”のひとつとして「みちびき」高校生プログラムワーキンググループ※によって検討されたプログラムです。“「みちびき」高校生プログラム”とは、JAXAが「みちびき」を使って実施している技術実証実験「多地点、多利用形態における準天頂衛星システムのGPS補完効果検証」の一環として、全国の様々な環境において観測を行うためのひとつの手法として、高校生が観測を実施したプログラムです。

※「みちびき」高校生プログラムワーキンググループ:「みちびき」高校生プログラムの実施内容検討チーム(JAXA 宇宙教育センター、衛星利用推進センター、宇宙教育に積極的な高等学校教員有志による)


「みちびき」多地点・多利用形態におけるGPS補完技術実証実験全体イメージ

2012-8-30 15:40インタビュー:みちびきアートに参加して(愛媛県済美学園 済美高等学校)

みちびきアート作品:「SAIBI 2011 110th」(みちびき+GPS) 愛媛県済美学園 済美高等学校 自然科学部白方 洸次君(3年 部長)、永山 拓実君(3年 副部長)、福本 菜々美さん(3年 副部長)、細川 夏実さん(3年)、森 優輝君(3年 みちびきアート実行委員)、野本 悠君(3年)、森 将耶君(3年)、渡部 凱君(2年 みちびきアート実行委員)に「みちびきアート」に参加した感想を聞きました。

※学年およびインタビュー内容は2012年4月時点のものです。

みちびきアート作品:「SAIBI 2011 110th」(みちびき+GPS)


――部活動では普段どのような活動をしているのですか?部活紹介を兼ねてお願いします。
自然科学部には生物班、天文班、宇宙班など5つの班と1年生限定の水ロケット隊があります。
昨年(※2011年)は水ロケット隊が、シンガポールで行われたAPRSAF-18水ロケット大会(AWRE)に参加しました。
宇宙班はNASAが主催している「宇宙居住地コンテスト(Space Settlment Contest)」にも挑戦して、宇宙コロニーの設計をしています。今年(※2012年)の宇宙居住地コンテストでは11-12grade、large group部門で2位になりました。5月(※2012年)にワシントンD.C.で行われる国際宇宙開発会議(ISDC)で発表する予定です。アメリカとアイルランドとインドと日本の国際チームでエントリーしています。(白方君)

生物班ではウーパールーパーやカブトガニを育てたり、ヤマトヒメミミズやクマムシの研究をしています。(細川さん)
ヤマトヒメミミズは無性生殖で増えるのですが、ある条件を満たすと有性生殖をするということで、ある条件を探しています。(野本君)
天文班では、今年(※2012年)は金環食の観測をします。また、全校での金環食イベントを企画しています。(福本さん)

――「みちびき」アートに参加しようと思ったきっかけはなんですか?
昨年は済美高校創立110周年だったので、記念に何か残そうと思い、自然科学部員一丸となってするイベントになると思い参加しました。探査機や人工衛星に興味があったのもきっかけのひとつです。(白方君)

――「みちびき」アートの描くうえで、こだわったことがあれば教えてください。

済美高校の創立110周年記念を記念して「SAIBI 2011 110th」の文字を書いたので、その文字がきれいに書けるようにこだわりました。何度か挑戦していく中で、移動速度を速くすることがきれいに書くこつでは?と思い、途中から自転車で移動するようにしました。(白方君)
少しでも受信レベルを上げようと、データロガーを頭の上に掲げるという工夫もしました。(永山君)
部員みんなで一つのことを成し遂げた、というのもこだわったポイントです。(細川さん)

みちびきアート作品「SAIBI 2011 110th」(ピンク:みちびき+GPS、黄色:GPS)
みちびきアート作品「SAIBI 2011 110th」(ピンク:みちびき+GPS、黄色:GPS)
「SAIBI 2011 110th」にチャレンジする自然科学部の皆さん 左図:「SAIBI 2011 110th」に部員みんなでチャレンジしました。文字数が多いので1文字ごと入念に確認しています。
データロガーを高く掲げて歩くムードメーカー岸田君 左図:少しでも受信レベルを上げようとデータロガーを高く掲げて歩いているムードメーカー岸田君。

――「みちびき」アートに参加して一番楽しかったこと、大変だったことは何ですか?
一番楽しかったのは「みちびきアート」がきれいに完成しているかどうか見る瞬間でした。一番大変だったのはルートを決めることです。(白方君)
前日に受信機の充電をあまりしていなかったときは観測中に電池がなくならないかヒヤヒヤしました。(永山君)
久しぶりに校外で活動したことが一番楽しかったです。(渡部君)
複雑でかつ通ったこともないような道を通ったりしたので新しい発見がありました。(森(優)君)

コースからみた松山城 左図:コースからは松山城がこんな風に見えました。
『いよてつ高島屋』前にて 左図:松山市の中心いよてつ高島屋前で、部長の白方君がみんなに「SAIBI 2011 110th」を描くためのルートを説明している様子。

―― 今後も「みちびき」アートに参加できるとしたら、どのようなアートにチャレンジしてみたいですか?
ナスカの地上絵などのような大作に挑戦したいです。(白方君)
あみだくじを描いてみたいです。(永山君)
魔方陣を描いてみたいです。
同じ絵を様々な高校や中学で描いてもらうのもおもしろいと思います。(森(将)君)
愛媛の地形を描いてみたいです。(野本君)
海の上にも描いてみたいです。(細川さん)

――「みちびき」アートに参加してみて、“宇宙”や“人工衛星”について新たに興味持ったことがあれば教えてください。
人工衛星と受信器との長い距離の間で正確なデータのやりとりができる「電波」に興味を持ちました。(白方君)
人工衛星は常に自分の上にいることを実感ました。(渡部君)
GPSの位置によってどのように誤差が生じるかなどを調べてみたいと思いました。(森(優)君)
最近ニュースでJAXAが開発した放射線サーモグラフィーが福島県に導入される予定だということをみましたが、そういうことにも興味を持つようになりました。(野本君・細川さん)

――その他、メッセージ等がありましたらご自由にお願いします。
天文学会の会場に掲示してあったみちびきアートのポスターの前でみんなで写真を撮り、とても良い思い出になりました。 今後もこのようなイベントがあれば是非参加していきたいです。

――ありがとうございました。

このページの先頭へ